メタクオーツ社VPSで、ブローカー毎の約定速度を調査しました

MT4でそのまま契約することができるVPSについて、ブローカー毎の約定速度に違いがあります。

ブローカーのサーバーがWebzilla社のデータセンターと近いほど低レイテンシが望めます。

ブローカー毎にざっくり調査しましたので、参考にしていただけたら幸いです。

MT4でメタクオーツ社のVPSを適用させる方法はこちらからご覧いただけます。

サーバーのレイテンシを調べる方法

まずはVPSと関係なく、サーバーのレイテンシを調べる方法です。

自宅PCとFXブローカーのサーバーとの応答に発生する遅延速度を調べるという意味になります。

MT4Ping

MT4を起動し、サーバーに接続された状態で画面右下の接続状況をクリックします。

クリックすると接続されているサーバーの遅延速度を見ることができます。

画像の場合、179msの遅延が発生しています。

ms=0.0001秒 1秒=1000ms

契約済みVPSのレイテンシを調べる方法

VPSサーバー速度

ctrl+Nでナビゲーター画面を開きます。

「Details」を選択すると、接続しているVPSのサーバー状況を知ることができます。


VPSサーバー

画像では29.95msの遅延で接続されている事がわかります。


契約前にVPSのレイテンシを調べる方法

ctrl+Nでナビゲーター画面を開きます。

VPSの契約画面へ進み、サーバー選択の画面で各サーバーのレイテンシを調べることができます。

MT4でVPSを契約する方法はこちらからご覧いただけます。

VPSPing

ブローカー毎のVPS遅延速度

  • LAND-FX 29.95ms USAサーバー
  • MYFXMarkets 44.89ms USAサーバー
  • ICMarkets 44.53ms USAサーバー
  • FXnet 1.61ms United Kingdomサーバー
  • FxPro 1.81ms Netherlandsサーバー
  • XM 2.23ms United Kingdomサーバー
  • FXPRIMUS 71.30ms United Kingdomサーバー

FxProやFXnet、XMでは1~2ms台の低レイテンシ環境でメタクオーツ社の安いVPSを使用できることがわかり、高額なVPSや条件付きのVPSは不要ということがわかります。

ブローカー毎のサーバー遅延速度

こちらはVPS接続ではなく、通常のMT4接続での速度です。

ご利用の環境によって変動する値ですので、参考までにご利用ください。

LAND-FX 179ms
MYFXMarkets 168ms
ICMarkets 158ms
FXnet 271ms
FxPro 258ms
XM 271ms
FXPRIMUS 292ms

FxProでEAやシグナルを利用する場合、VPSを利用しない場合では0.258秒の約定遅延が発生します。

そして、VPSを利用することで約0.002秒の遅延にまでレイテンシを抑えることができます。

メタクオーツ社のVPSなら月$10から利用できるので、

EAやシグナルを使ったトレードであれば活用するべきサービスでしょう。

MT4チュートリアルトップ

海外FXならキャッシュバックは忘れずに

海外FXではキャッシュバックが当たり前です

海外FXみんなのハイレバでキャッシュバックをしっかり受け取ってください

まずは5ステップでキャッシュバックをきっちりマスター

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ