口座開設に必要な書類提出時の注意事項

海外FX業者で口座開設するには、どの業者でも必ず 身分証明書と住所証明書の提出を求められます。

身分証明書

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 写真つき住基カード
  • 障碍者手帳
  • 外国人在留カード

身分証明書を提出する際には有効期限が切れていないものを使用してください。

住所証明書

  • 公共料金の請求書(電気、ガス、水道、電話、インターネットなど)
  • 住民票
  • 健康保険証

住所証明書は3ヵ月以内ほどの、直近のものが求められる場合が多いです。
なるべく最近のものを提出しておけば問題ないでしょう。

書類の提出方法

身分証明書や住所証明書の提出方法は、データ化してアップロードする方法が採用されています。

書類をスキャナで読みとるか、デジタルカメラで撮影して書類をデータ化します。

業者が書類データを受け取って、本人確認と住所確認がとれ次第 口座開設完了という運びになります。

業者の対応時間内であれば書類提出から数時間ほどで口座開設が完了します。

しかし、書類に不備がある場合には再提出ということになりますので、書類をデータ化する場合にはデータの仕上がりに十分注意する必要があります。

書類データの仕上がり


証明書サンプル
書類をデータ化する際は、
 以下の点に注意します。

  • 写真や文字がはっきり読み取れる
  • 切れている部分がないようにする
  • 住所や名前が記載されている部分をすべて載せる

写真や文字が認識できない例

証明書サンプル3

  • ピントがあっていない
  • 全体的にボヤけて写真や文字が認識しにくい

デジカメ撮影時には特に気を付けたいこと
証明書サンプル4

  • フラッシュで書類が反射し、写真や文字の一部が認識できない
  • 書類の一部に影ができて写真や文字の一部が認識できない

必ず全体が載るように写しておきましょう
証明書サンプル2

  • 書類がズレて撮影され写真や文字の一部が認識できない

全体が撮影されていても、認識できなければ駄目
証明書サンプル5

  • 縮尺が小さすぎて写真や文字が認識できない

必要な情報が漏れていないようにする

証明書サンプル証明書サンプル6

  • 住所が載っている場所をしっかり写す
  • 裏面に住所が書いてある書類は裏面も忘れずに写す

口座開設まであと一歩のところで余計な手間を増やしてしまわないように、提出する必要書類のデータ化は慎重におこないましょう。

書類データ化の仕上がりではスキャナが一番間違いありません。


かんたん口座開設サービスをご提供いたしております。

海外FX業者で口座開設することに不安がある方はお気軽にご利用ください。

かんたん口座開設バナー

海外FXならキャッシュバックは忘れずに

海外FXではキャッシュバックが当たり前です

海外FXみんなのハイレバでキャッシュバックをしっかり受け取ってください

まずは5ステップでキャッシュバックをきっちりマスター

コメントを残す

このページの先頭へ