過去のチャートを裁量検証するために、MT4へヒストリカルデータを追加する。

裁量検証するには過去のチャートを遡って検証し、トレードのサンプル数を増やすことが有効な手段になります。

当サイトでご紹介しているMT4を使った裁量検証の方法を活かすために、MT4で表示できるチャートを増やし裁量検証できる期間を追加します。

MT4を使った裁量検証方法はこちらからご覧いただけます。

表示できる足の本数を増やすとMT4の起動が重くなります。普段のトレードで使っているMT4ではなく、検証用に別途MT4を用意することをおすすめします。

目次

ヒストリカルデータのダウンロード

MT4デフォルトの状態だと、直近までの4本値データしか入っていません。
過去のチャートをMT4へ表示するには、4本値データをMT4へインポートする必要があります。

FXDDヒストリカルデータ ダウンロードページ

こちらのリンクはFXDDのヒストリカルデータをダウンロードできるページです。

FXDDヒストリカルデータダウンロード

こちらから検証したい通貨ペアを選択してヒストリカルデータをダウンロードします。

ヒストリカルデータファイル
ヒストリカルデータzipファイル解凍

  1. 任意のフォルダにヒストリカルデータのファイルを保存します。
  2. 保存されたzipファイルを解凍します。
  3. 解凍されたファイル、
    「通貨ペア名.hst」がMT4へインポートするヒストリカルデータです。

ヒストリカルデータをMT4へ追加する手順

MT4を起動し、ダウンロードしたヒストリカルデータをインポートします。

チャートに表示する足の数を最大に設定する

MT4足数の設定
以下の順でチャート設定画面を開き、表示できる足の最大本数を設定します。

  1. MT4起動
  2. ツール
  3. オプション
  4. チャート

「ヒストリー内の最大バー数」「チャートの最大バー数」を共に最大値に設定します。
入力する数値は画像のように、”99999999999999”を入力してあげればMT4のほうで最大値に設定してくれます。

ヒストリーセンターでヒストリカルデータのインポートをする

MT4ヒストリーセンター
以下の順でヒストリーセンターの画面を開き、ヒストリカルデータのインポートをします。

ヒストリカルデータインポート画面

  1. ツール
  2. ヒストリーセンター

ヒストリーセンターの画面左側にある通貨ペア一覧から、ヒストリカルデータをインポートしたい通貨ペアを選択し、「インポート」を押します。

画面右上にある「ブラウズ」ボタンから先ほどダウンロードした追加したい通貨ペアの「ヒストリカルデータ」ファイルを選択します。

2005年からのデータが入っていることを確認し、OKを押します。

ヒストリカルデータのインポート確認

ヒストリカルデータのインポートが完了しましたら、データが反映されていることを確認します。

4本値データの一番下までスライドし、2005年まで反映されていることを確認します。

一旦画面を閉じて、MT4を立ち下げます。

MT4を立ち下げないと、インポートされたデータは反映されません。

オフラインチャートにヒストリカルデータが反映されているか確認する

MT4オフラインチャート
ふたたびMT4を立ち上げてオフラインチャートを確認します。

以下の順でオフラインチャートの画面を開きます。

  1. ファイル
  2. オフラインチャート

オフラインチャート一覧の中に先ほどインポートした通貨ペアのデータを探します。

M1のオフラインチャートで2005年からのデータが表示されていることを確認します。

以上でMT4へヒストリカルデータのインポートが完了しました。

MT4チュートリアルトップ

海外FXならキャッシュバックは忘れずに

海外FXではキャッシュバックが当たり前です

海外FXみんなのハイレバでキャッシュバックをしっかり受け取ってください

まずは5ステップでキャッシュバックをきっちりマスター

コメントを残す

このページの先頭へ