Brexitに関わる海外FXブローカーの取引制限まとめ 

イギリスで2016年6月23日にEU離脱を問う国民投票が行われる予定です。
これに伴いマーケットが荒れると想定されており、口座資金保護の目的で各ブローカーがレバレッジ制を実施します。

こちらのページでブローカーのレバレッジ制限についてざっくりとまとめています。

海外FXブローカーのレバレッジ制限まとめ

  • LAND-FX
    • 6月15日~
    • 1:50
  • TITANFX
    • 6月20日~24日
    • GBPとEUR絡みの通貨ペア 1:100
  • XM
    • 6月17日~20日
    • 全FXとゴールド・シルバー 1:100
    • 23日当日の対策は別途連絡
  • MYFXMarkets
    • 6月20日~28日
    • 一部銘柄で1:20 その他で1:100
  • FxNet
    • Brexitに伴うレバレッジ制限なし
  • AXIORY
    • 6月20日~24日※延長あり
    • 特定の通貨ペア及び全CFD 口座設定レバレッジの5分の1

海外FXならキャッシュバックは忘れずに

海外FXではキャッシュバックが当たり前です

海外FXみんなのハイレバでキャッシュバックをしっかり受け取ってください

まずは5ステップでキャッシュバックをきっちりマスター

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ