FxProが勝てる手法垂れ流してるんだが。無料で。

FxProオートチャーチスト01

FxProには高機能なツールが豊富に無償提供されています。

そんな中でも裁量トレーダーにおすすめしたいのは、FxProオートチャーチストです。

右の画像がオートチャーチストの画面なのですが、チャートにラインが引いてあります。

オートチャーチストは大量の通貨ペアを常に監視し、期待値の高いチャートパターンを形成している通貨ペアを表示してくれる優れものです。

各通貨ペアの、各時間軸でどのようなチャートパターンができているのか?

それを一目で把握することができます。

FxProオートチャーチストで相場の動きだしを探る

FxProオートチャーチスト02
オートチャーチストでサポート・レジスタンスとなりえそうなチャートパターンを見つけることができます。

レンジやペナント、フラッグなど、多様なチャートパターンやフィボナッチパターンなども検出してくれます。

そして、トレーダーがその中から気に入ったトレードチャンスを選び、ブレイクや騙しの動きに乗って収益を上げることができます。

トレードはチャートが動いてさえいれば、比較的簡単に収益を上げることができます。

損を小さく、利益を大きく。

それが通用するのは、相場が動いている時です。

つまり、、、

動き出しさえわかれば、誰にでも相場で利益を残すことができるのです。

相場が動く要因とは?

相場に短期的な波を与え、動きをもたらすのは機関投資家です。特に短期筋のヘッジファンドなどがそれにあたります。

大きな建玉で短期的にポジションメイクとポジションクローズをくり返すことで相場に波ができます。

個人トレーダーはその波に乗ることで収益をあげることができます。

しかし、相場に動きがない時にいくら収益をあげようとしても、トレードコストが掛かるばかりで収益に結び付けることは難しいです。

だからこそ、相場が動く時を事前に把握できるスキルが求められます。

相場が動きさえすれば、大きな利益を見込めます。そして、損切りが続いてしまったとしても、大きく動く場面でだけトレードすることができれば、大きな利益で小さな損失を埋めることなど、極めて簡単なことなのです。

損小利大のトレードを心掛けていれば、トレードはトータルで負けることが少なくなります。

小さく抑えたコストを維持していれば、利益が勝手に損失を上回る。

理想論のようですが、事実です。

しかしそれを難しくさせてしまうのが、いつ動くのかを把握することが困難である。

という、もうひとつの事実です。

相場に短期的な波を与えるのは、短期筋の機関投資家です。

そして、短期筋の機関投資家のほとんどは、こぞってチャーチストです。チャートを見て、テクニカルを見て判断をくだします。

もちろん、それがすべてではありません。機関投資家には機関投資家にしか扱えない情報があります。

他の機関投資家の建玉などがそうです。経済情勢の情報にはもちろん耳を傾けるでしょう。

しかし、そういった情報を駆使しながら、最終的にはトレード機会はチャートで判断しています。

つまり、、、

機関投資家のエントリー基準になりえそうなポイントは、個人トレーダーでも事前に絞り込むことが可能なのです。

それはつまり、相場が大きく動き出しそうである、と仮定できるポイントになります。

チャートパターンやレジスタンス・サポートなどは多くの市場参加者が意識しています。

つまりそこには、大勢のトレーダーのトレード機会が潜在しているということになるのです。

チャートパターンの的中率

FxProオートチャーチスト03
右の画像にあるように、オートチャーチストではチャートパターン完成後のターゲットも表示してくれます。

形成中のものから形成後のものまで、本当にたくさんのチャートパターンをひと手間で確認できてしまうのですが。

ターゲットまで抽出してくれていれば、本当にトレーダーは待つことだけが仕事になります。

むしろ退屈になってしまうのではないでしょうか?

しかし、

いくらチャートパターンを見つけたところで、それがちゃんと機能するのかが気になるところであり、鍵になるポイントです。

FxProオートチャーチスト04

こちらの画像がFxProオートチャーチストで表示されたチャートパターンの的中率です。

緑色の部分が的中率70%を超えている数字になります。

そしてほとんどの銘柄で的中率70%を超えてきています。

つまり、

相場のチャート分析はFxProのオートチャーチストにまかせておくことができます。

トレーダーの仕事は、資金管理や情報収集に割合を裂くことができます。

これだけの数のトレード機会を一度に提示してくれるのですから、空いた時間を使ってポートフォリオを組むこともできます。

トレード戦略をより綿密にし、資金管理に集中できることはトレードの質を高めることができます。

トレードは大きく動きそうなところだけやればいい。

そして違っていたら損切りをして、あっていたらターゲット付近まで放っておいたらいいのです。

それが優位性に賭け、確率に賭けるということです。

トレーダーは待つことが仕事、そして確率に賭け続ける仕事。

それをパーフェクトにサポートしてくれる、FxProのオートチャーチスト。

裁量トレーダーの大きな戦力になるのは間違いないでしょう。

FxProのレビューと口座開設手順はこちらからご覧いただけます。

海外FXならキャッシュバックは忘れずに

海外FXではキャッシュバックが当たり前です

海外FXみんなのハイレバでキャッシュバックをしっかり受け取ってください

まずは5ステップでキャッシュバックをきっちりマスター

コメントを残す

このページの先頭へ