MT4 インジケーターの追加手順

MT4はFXトレーダーの多くに愛用され使われているMetaQuotes社のフリーチャートソフトです。軽快な動作と拡張性が人気の要因です。海外FXでは、ほとんど標準と言える状況になっていますので、MT4を使いこなすことは海外FXのトレーダーにとって必須項目です。

その軽快な動作ゆえに複数起動も可能なMT4ですが、拡張機能を上手く使いこなせなければ、MT4の魅力は半減してしまいます。

MT4へのインジケーター追加導入方法

  1. MT4フォルダ → MQL4フォルダを開く
    MT4フォルダ
  2. MQL4フォルダ → Indicatorsフォルダを開く
    MQL4フォルダ
  3. 追加したいインジケーターをIndicatorsフォルダへコピーする
    フォルダへインジケーターのコピー
    あらかじめ用意しているインジーケーターのファイルを、導入したいMT4のIndicatorsフォルダへコピーします。
  4. terminal.exeからMT4を立ち上げます
    MT4 ターミナルEXE
    MT4画面
  5. MT4の「表示」からナビゲーターを開きます。
    ※Ctrl+N のショートカットキーから開くこともできます。
    ナビゲーターを開く
  6. ナビゲーターから追加したいインジケーターをチャートへ設定します。
    インジケーターセット
    ナビゲーター画面から追加したいインジケーターをドラック&ドロップしてチャート画面へセットします。
    インジケーター設定画面
    インジケーターの設定画面が開くので、OKをクリックします。
    インジケーターセット完了
    追加したインジケーターのセットが完了しました。

MT4起動中にインジケーターを追加するやり方

MT4にインジケーターを追加する場合、上記方法だと毎回MT4を立ち下げて再起動する手順を踏まなければなりません。トレード中でなければ問題はありませんが、チャート監視中に上記手順は、かなりわずらわしい手間になります。

MT4を起動中でも、MT4を立ち下げることなくインジケーターを追加する手順を紹介します。

  1. 上記「MT4へのインジケーター追加導入方法」を参照し、MT4のフォルダにインジケーターを追加しておきます。インジケーターをフォルダへ追加する作業はMT4起動中でもできます。
  2. MT4のツールからメタエディターを開きます。
    MT4からメタエディターを開く
  3. メタエディターで適当なファイルを開きます。
    メタエディターでファイルを開く
    インジケーターやスクリプト、EA等ファイルならなんでも構いませんが、例ではインジケーターを開きます。
  4. 開いたファイルをコンパイルしてMT4を最新の状態に更新します。
    メタエディターのファイルコンパイル

メタエディターで開いたファイル自体にはなにもしません。そのままCompileをクリックします。Compileをすることで、MT4が最新の状態に更新されるので、フォルダに追加したインジケーターがナビゲーターに反映されています。
あとは、「MT4へのインジケーター追加導入方法」での手順と同じで、インジケーターをチャートにセットすることができます。

国内FX業者はもとより、海外FX業者でトレードするには必須のチャートソフトMT4です。その拡張性を存分に活用し、いくらでも自分好みのチャート設定にすることができます。MT4のインジケーターやスクリプトを有効に活用し、日々のトレード環境を快適にカスタマイズしていきましょう。

MT4チュートリアルトップ

海外FXならキャッシュバックは忘れずに

海外FXではキャッシュバックが当たり前です

海外FXみんなのハイレバでキャッシュバックをしっかり受け取ってください

まずは5ステップでキャッシュバックをきっちりマスター

海外のブローカーだからこそ、信頼性を大切に
当サイトでは初心者でも安心して海外FXの魅力を味わえる優良業者しか おすすめしていません。海外FX業者を選ぶ際に、派手なボーナスやレバレッジ、スプレッドといった表面的な事だけに注目してはいけません。安全性や信頼性に重点をおき、致命的なリスクは事前に排除しなければいけません。リスクのない優良な業者であるからこそ、あなたの大事な資金を預けることができるのです。

海外FX初心者にも安心しておすすめできる優良業者の
レビューと口座開設手順はこちらからご覧いただけます。

安全性と透明性に定評のあるAxioryはこちらからご覧いただけます

Axioryの公式サイトはこちらです

コメントを残す

このページの先頭へ