RepotManagar
MT4のEAを使って期間の長いバックテストをおこなう時や、ストラテジーテスターで裁量検証をする時などに便利なツールを紹介します。

MT4では、ターミナルからトレード結果のレポートを作成し、保存する機能があります。

しかし、ストラテジーテスターを途中で止めてしまうと詳細レポートを作成することができません。

バックテストで長い期間を選択してテスターを稼働させていると、EAのロジックによっては途方もない時間が掛かる場合もあります。

また、裁量検証でテスターを使っている時も同様です。

裁量検証の場合はEAのバックテストよりも時間を要してしまいますので、長い期間のレポートを作成することが難しい状況です。

RepotManagerでMT4のレポートを合成する。

RepotManagerはMT4で作成された複数のレポートを合成し、結合できるフリーソフトです。

RepotManagerを使えばバックテストや裁量検証で途切れてしまったレポートでもまとめることができるので、大変便利です。

フリーソフトですので、気軽に導入することが可能です。

目次

RepotManagerのインストール

RepotManagerを配布している公式サイトはこちらになります。

MQLsoft.com / http://mqlsoft.com/download/programs

※こちらのリンクから、現在アクセスを確認できませんでした。

二次配布になりますが、公式サイト復旧までこちらからダウンロードできるようにいたします。

RepotManagerインストーラー

クリックでダウンロードできます。

ダウンロードしたインストーラーを起動します。

reportmanagarexe

任意のフォルダにインストールしてください。

レポートの読み込みと設定

RepotManaget01

File→OpenReportsと開き、MT4に保存してあるレポートデータを読み込みます。

ReportManagar02

レポートデータを選択し、[開く]をクリックします。

レポートデータはSHIFTキーを押しながら複数ファイルを選択する事で、一度にまとめて開く事ができます。

ReportManagar03

レポートの読み込みが完了すると、上記画像の様にレポートファイル名と損益、損益曲線が表示されます。

Options→Preferencesと開き、各種設定を必要に応じて行います。

RepotManagarの詳細な設定

RepotManagar04

InitialDepositではデータの合成方法を設定できます。
  • Average
    全データの平均として合成します
  • Sum
    データをそのまま合計して繋ぎ合わせます
  • Highest
    データの初期資金が異なる場合最も高い初期資金の値から合成します
  • Lowest
    Highestの反対で最も低い初期資金から合成します
  • Custom
    初期資金を自分で指定します

RepotManagar05

Reportではデータの保存方法を設定できます。

  • Select working path
    データの保存先フォルダを指定します
  • Image width
    横幅のサイズ指定ができます
  • Image height
    縦幅のサイズ指定ができます
  • Font size
    フォントのサイズ指定ができます
  • Chart type
    損益曲線横軸を指定する事ができます

    By trades トレード回数
    By dates 日付

ストラテジーテスターのレポートを合成する

RepotManager06

  1. 合成したいレポートファイルにチェックを入れます
  2. Manage Reportを押すとレポートファイルの末尾に合成されたレポートが作成されます
  3. 保存したい合成されたレポートにチェックを入れます
  4. Save Selected Reportを押すと、設定されたフォルダへレポートを保存できます

RepotManagar07

保存されたレポートを開くと上記画像の様に表示されます。以上でレポートの合成は完了です。

MT4チュートリアルトップ

海外FXならキャッシュバックは忘れずに

海外FXではキャッシュバックが当たり前です

海外FXみんなのハイレバでキャッシュバックをしっかり受け取ってください

まずは5ステップでキャッシュバックをきっちりマスター