MT4 Build600以降で使えるPeriod_Converter_Opt.mq4 裁量検証必須アイテム

MT4がBuild600へバージョンアップしてからMT4のストラテジーテスターを使った裁量検証で必須のPeriod_Converter_Opt.mq4が使えなくなっています。

複数足をオフラインチャートで動かすことができません。

MT4Build600対応のPeriod_Converter_Opt.mq4

こちらからBuild600対応のPeriod_Converter_Opt.mq4をダウンロードすることができます。

Period_Converter_Opt.mq4 ※右クリックで保存

このインジケーターでは、MT4のストラテジーテスターでビジュアルチャートを動かす時に、生成したオフラインチャートを同期させて動かすことができます。

相場の動きを複数足で見たいときや、裁量検証をしたいときに大変便利です。

MT4を使った裁量検証の方法を書いた記事はこちらからご覧になれます。

複数足検証の方法はこちらからご覧いただけます。

今回のMT4バージョンアップの顛末は、MetaQuotes社がMT5の浸透に強制的な一歩を踏み出したのが原因のようです。

MT4がFX業界に浸透しすぎてMT5がまったく使われていません。

MetaQuotes社としても古いMT4はさっさとお払い箱にして、MT5にバージョンアップさせていろいろと企てたいところなのでしょうが。

そもそもMT4が成熟しすぎて、インジケーターやEAが手放せない状態になってしまっています。

インジケーターやEAがそのまま使えないというMT5にわざわざ乗り換える人は稀少だと思うのですが。

海外FX業者ではMT5に取って代わるようにCtraderというチャートソフトも浸透してきています。

そろそろ新しいトレード環境にも取り組んでみるタイミングなのかもしれません。

Ctraderに関する記事はこちらからご覧になれます。

MT4チュートリアルへ

海外FXならキャッシュバックは忘れずに

海外FXではキャッシュバックが当たり前です

海外FXみんなのハイレバでキャッシュバックをしっかり受け取ってください

まずは5ステップでキャッシュバックをきっちりマスター

コメントを残す

このページの先頭へ