Pepperstone 爆裂値動きのオイル取引開始しました

PepperstoneがXAU/USD XAG/USDの金属取引に続いて、オイルまでトレードできるようになりました。

XTI/USD(WTI原油)XBR/USD(ブレンド原油)この二つの銘柄があらたにPepperstoneで取引可能となっています。

オイル取引とは? | Pepperstone

オイルとは原油のことです。わたしたちの生活にも密接な関係があります。車のガソリンや軽油などに使われているもので、世界の原油には大きく分けて3種類あります。

  1. WTI原油
  2. ブレンド原油
  3. ドバイ原油

原油にも質の良し悪しがあり、上記順番で質のよさに違いがあります。この中で今回Pepperstoneから取引できるようになったのが、

  • XTI/USD(WTI原油
  • XBR/USD(ブレンド原油)

この2つの銘柄が取引可能となりました。
以下Pepperstoneからの公式アナウンスです。

WTI原油(XTIUSD)

XTIUSDは、ウェスト・テキサス・インターミディエイト原油( WTI)をベースとするスポットコモディティで、オクラホマ州カッシングで受け渡しの行われる、軽質のスウィートオイル(低硫黄の原油)取引です。XTIUSDはUSオイルとも呼ばれ、北米の開発状況に非常に強い影響を受けます。

2000年代初頭、特に世界金融危機後から、低い金利とテクノロジーの向上、継続的オイル価格の上昇により、それまで手付かずだったフィールドを安価に掘削できるようになりました。その結果、同国の広大なエリアで採鉱が行われることとなりました。ノースダコタといった地域で採鉱ブームが巻き起こり、USオイルの生産量はそれまでとは比べ物にならないほど増加しました。USオイルの生産開発により、2011年から2014年にかけて、WTI原油とブレント原油間に価格差が生じ、WTI原油ではブレント原油に比べ、バレルあたり20米ドル以上安く取引されるようになりました。新たな生産開発によりUSオイルの供給量が著しく増加し、WTI原油の貯蓄量の増加したことが、他の世界的な原油価格より安く取引される原因となっています。

XTIUSDの取引開始時間は01:00(サーバー時間)で、毎日、ロールオーバー(0:00~0:05)までお取引頂けます。

ブレント原油(XBRUSD)

XBRUSDは、北海から採鉱されるブレント原油をベースとするスポットコモディティで、USオイルとも呼ばれます。ブレント原油は、世界原油生産高の3分の2を占める原油価格の指標となっています。

北米での供給量の急増にあわせ、他地域へのオイル輸送の際のボトルネックにより、ブレント原油はWTI原油より高価格で取引されています。また、北海の原油生産高の減少、および米国外での継続的な原油不足により、WTI原油とブレント原油の価格差が拡大してきています。

引用:Pepperstone

金属やオイルといったいわゆる商品は、為替に比べて値動きが激しいのが特徴です。
もちろん、材料次第では為替も動くし、商品も膠着するのですが。

しかし一旦流れが出た時の値幅には大変な魅力があります。
金/米ドルでも値幅はでますが、WTI原油はそれを上回る値幅や乱高下が期待できます。
一旦動けば大きいのですが、その分ブレ幅も大きく、タイトなストップは損切り貧乏になりやすいです。

かといってストップ幅を広くもったところで、逆に動かれれば大きくコストを上げてしまいます。
トレード初心者には扱いの難しい銘柄であることには間違いありませんので、商品のトレードに不慣れなかたは、レバレッジを落とした慎重なトレードを心掛けたいものです。

MT4で表示するやりかた

あらたに追加された取引ペアをMT4に反映させるには、MT4で「Ctrl+M」のショートカットキーから気配値を開きます。

MT4気配値

気配値上で右クリックをして、「全通貨ペアを表示」をクリックします。

全通貨ペアを表示

これで

  • XTI/USD(WTI原油
  • XBR/USD(ブレンド原油)

ふたつの銘柄が気配値に表示されます。

XTI/USD(WTI原油 XBR/USD(ブレンド原油)

オイルは投機対象になりやすく、値動きに期待がもてます。しかし膠着相場ももちろんあります。大きく動きそうなところをピンポイントで狙うのは、どのトレードでも難しいのですが、オイルはドルの材料に左右されやすい傾向があります。

前述した通り、投機対象になりやすいのでドル安要因、ドル高要因に対して、オイルが素直に動きをみせるわけでもありません。
そこは短期筋の機関投資家がどのように受け止めるかで動きは変わってきます。

商品、債券、株、為替、複雑に絡みあう市場動向を予測することも面白いのですが、材料がでそうなタイミングだけ見計らって、あとはチャートに従ってトレードするのが一番よさそうです。

市場を予測することからポジションにバイアスがかかってしまうと、しつこく逆張りエントリーをくり返してしまったり、損切りを粘りすぎて普段より余計な損失を被ることになります。

バイアスは持たず、チャートに従い、自分のルールに従い、納得のいく行動をもってトレードできれば、値幅のある商品の取引は楽しめるのではないでしょうか。

為替よりも大きな動きが期待できるオイル取引ですが、その分損失も大きくなる点に注意してトレードしましょう。

海外FXならキャッシュバックは忘れずに

海外FXではキャッシュバックが当たり前です

海外FXみんなのハイレバでキャッシュバックをしっかり受け取ってください

まずは5ステップでキャッシュバックをきっちりマスター

海外のブローカーだからこそ、信頼性を大切に
当サイトでは初心者でも安心して海外FXの魅力を味わえる優良業者しか おすすめしていません。海外FX業者を選ぶ際に、派手なボーナスやレバレッジ、スプレッドといった表面的な事だけに注目してはいけません。安全性や信頼性に重点をおき、致命的なリスクは事前に排除しなければいけません。リスクのない優良な業者であるからこそ、あなたの大事な資金を預けることができるのです。

海外FX初心者にも安心しておすすめできる優良業者の
レビューと口座開設手順はこちらからご覧いただけます。

安全性と透明性に定評のあるAxioryはこちらからご覧いただけます

Axioryの公式サイトはこちらです

コメントを残す

このページの先頭へ