TITANFXでデモ口座が開設できない場合の対処方法

TITANFXではデモ口座を開設し、スタンダード口座とブレード口座のそれぞれを試すことができます。

しかし、不具合によりデモ口座を開設することができない場合があります。

ここではTITANFXでデモ口座を開設する手順を説明します。

デモ口座の開設手順

TITANFX公式サイトよりMT4をダウンロードします。

MT4ダウンロードページ

TITANFX_DEMO001

ダウンロードしたtitanfx4setup.exeを起動し、MT4のセットアップを開始します。

TITANFX_DEMO003

ライセンス条項(英語表記)に同意し、インストールのフォルダを設定します。

インストールフォルダはデフォルトでCドライブのプログラムファイルフォルダに設定されていますが、任意のフォルダに変更が可能です。

インストール先フォルダを変更する場合には、インストールフォルダの右側にある【参照】をクリックしてフォルダを指定します。

その他設定項目

  • プログラムグループ(任意)
  • デスクトップショートカットの有無
  • MQL5コミュニティサイトオープン
  • インストール完了後のMT4起動

TITANFX_DEMO004

インストールフォルダ等を設定後、【次へ】をクリックするとMT4のセットアップが完了します。

【完了】をクリックし、【インストール完了後にプログラムを起動する】にクリックを入れていた場合にはMT4が自動的に起動します。

MT4が自動で起動しない設定にしていた場合にはMT4のインストールフォルダよりterminal.exeを起動します。

デモ口座の申請

TITANFX_DEMO005

MT4が起動するとデモ口座の申請画面が開きます。

お客様情報の入力、でまずは個人情報の入力になります。

個人情報の入力内容は任意ですが、全て埋めることが必須となっています。

お客様情報の入力内容

  • お名前
  • 国名(選択)
  • 住所
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 口座タイプ(選択)
  • 口座の通貨(選択)
  • レバレッジ(選択)
  • 仮想証拠金(選択)
  • ニュースレター受け取りの同意(必須)

上記入力内容についてはすべて英数字での入力となります。

デモ口座用サーバーの設定

TITANFX_DEMO007

お客様情報の入力後、口座で利用するサーバーを選択します。

TITANFXのデモ口座で利用するサーバーはTitanFX-Demo01になりますが、初期状態で表示されていない場合があります。

TitanFX-Demo01がサーバー一覧に表示されていない場合には、【新しいブローカを追加します】をクリックし【TitanFX-Demo01】を入力します。

TITANFX_DEMO008

サーバー一覧の中に、TitanFX-Demo01が表示されるので選択し、【次へ】をクリックしてデモ申請を完了します。

TITANFX_DEMO009

MT4の回線が接続されていることを確認できればデモ口座の開設は完了です。

TITANFXの詳細やキャッシュバックについてはこちらからご覧いただけます

海外FXならキャッシュバックは忘れずに

海外FXではキャッシュバックが当たり前です

海外FXみんなのハイレバでキャッシュバックをしっかり受け取ってください

まずは5ステップでキャッシュバックをきっちりマスター

海外のブローカーだからこそ、信頼性を大切に
当サイトでは初心者でも安心して海外FXの魅力を味わえる優良業者しか おすすめしていません。海外FX業者を選ぶ際に、派手なボーナスやレバレッジ、スプレッドといった表面的な事だけに注目してはいけません。安全性や信頼性に重点をおき、致命的なリスクは事前に排除しなければいけません。リスクのない優良な業者であるからこそ、あなたの大事な資金を預けることができるのです。

海外FX初心者にも安心しておすすめできる優良業者の
レビューと口座開設手順はこちらからご覧いただけます。

安全性と透明性に定評のあるAxioryはこちらからご覧いただけます

Axioryの公式サイトはこちらです

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ