XMに資金を預ける安全性に問う 安全性は有能 

海外FX業者に大切な資金を預けることに抵抗がある人は少なくないと思います。そこでXMが主張する資金安全性についてをリサーチします。

XMの登録ライセンス

  • キプロス証券取引委員会
  • 金融サービスプロバイダー登録
  • その他10カ国(英 独 伊 仏 蘭)など

キプロス証券取引委員会と金融サービスプロバイダー登録(ニュージーランド)はそれぞれサイトで確認することができます。

キプロス証券取引委員会
http://www.cysec.gov.cy/licence_members_1_en.aspx

金融サービスプロバイダー登録
http://www.business.govt.nz/fsp/app/ui/fsp/version/searchSummaryCompanyFSP/FSP235905/5.do

顧客資金の安全性 | XM

バークレイズ銀行は、ムーディーズ、スタンダード・アンド・プアーズ、フィッチ等の一流格付け機関によって高評価されており、下記の公式サイトでは各社によるランク付けが公開されています。http://group.barclays.com/about-barclays/investor-relations/debt-investors/credit-ratings/current-ratings
金融業界での最も重要な必要条件は、顧客資金の安全性です。そのため、XMはお客様の利益を保護するために厳しい規制に従います。

投資適格銀行である英国バークレイズ銀行との銀行取引
顧客資金を当社の資金と分別してtier 1の銀行に保管し、いかなる状況においても、顧客資金が当社又は当社のリクイディティ・プロバイダーによって使用することができないように保証します。
会社が支払い不能に陥った場合に、投資家補償基金を通してリテール顧客への更なる保護を提供します。
マイナス残高にならないよう資金の移動及びリスク管理をモニターする自動システムを導入することで、元の投資額以上の損失から顧客を保護します。
セキュア・ソケット・レイヤー(SSL)技術を通し、資金移動の安全性及び顧客のプライバシーを保証する入出金における複数の方法を提供します。
金融商品市場指令(MiFID)により定められた投資家保護対策を採用しています。
リスク管理のため、顧客を分類し、投資適性を評価する明確な手段を採用しています。
顧客に最も有利な条件で取引注文を執行する、最良執行方針に従います。
取引条件に関する詳細な情報を提供することで、金融商品における取引の透明性を保証します。
常に最良のスプレッド及び流動性を提供するために、複数のリクイディティ・プロバイダーと協力します。
顧客の投資にマイナスの影響を与えないよう、リクオートなし、手数料なしという方針に従います。
マネーロンダリング及びテロリストへの資金提供を防止及び抑制するため、キプロス証券取引委員会(CySEC)指令(DI44-2007-08 of 2012) に準拠します。


XM公式サイトより一部抜粋
くわしくは >> XM公式サイトで確認できます

近頃ではオーストラリアのASIC(オーストラリア証券投資委員会)からも認可が下りたということです。XMに対して資金を預けることがより安全で安心であるということになりました。安心や安全といった面で多すぎるということはありません。どんどん安全であってほしいものです。海外FX業者に資金を預けるということに抵抗があるのは当然のことです。日本国内には無い、ハイレバレッジの恩恵を受けるには資金的なリスクの他にも、海外FX業者という知らない国へ資金を預けるというリスクが伴います。しかし、恩恵を得るためにはリスクを追わなければいけませんし、実際に自分で調べてみれば、意外とリスクは小さかったりするものです。

なにかを得るためにはリスクを負う必要があります。しかし、リスクはリスクとして認識された時点でリスクにはなり得ないのです。リスクとは知らないことです。認識していないことが起きる。そしてそれが問題になるのです。リスクは認識すればリスクにはなり得ない。つまり何事も、情報を集めて自分自身の知識をあげていくことで、リスクを減らした行動が取れるようになるということです。

XMへ資金を預けることに対してリスクは小さいです。これは確定なのです。

海外FXならキャッシュバックは忘れずに

海外FXではキャッシュバックが当たり前です

海外FXみんなのハイレバでキャッシュバックをしっかり受け取ってください

まずは5ステップでキャッシュバックをきっちりマスター

コメントを残す

このページの先頭へ